音楽

クリスマスソングは定番で決まり!子供と一緒に歌って過ごすクリスマス

今年は家で過ごす時間が格段に増えましたね。

年末に差し掛かり、一時期落ち着いてきたかのように見えていたコロナウィルスも、また感染者を増やしてきました。

家の中でできることってなんでしょう?

あつ森?ネットフリックス?漫画?ベッドの上でゴロゴロ?
(因みに私はDAZNでサッカー観戦です!)

たまには椅子から立ち上がって、歌でも歌いましょう!

一人じゃ恥ずかしい?

家族も巻き込みましょう!

YouTubeには、子供むけのクリスマスソングをメドレー形式でまとめて紹介している動画がたくさんあります。
一曲一曲選ぶのって、毎回選択をしなければならないので、億劫だったりしますよね。
その点、一つの動画でいくつものクリスマスソングを聞かせてくれる動画はありがたいですね!

今回の記事では、そんなクリスマスソングメドレー動画のオススメをご紹介していきます!

NO1 Super JoJo – 童謡と子供の歌

まず初めにご紹介するのは、Super JoJo-童謡と子供の歌、というチャンネルの動画。

こちらのチャンネル、1〜3歳のお子様をもつ家庭を対象として、楽しみながら学ぶことができる視聴コンテンツを提供しているチャンネルです。

それぞれの曲に合わせたアニメーションがしっかりしていて大人でも見れます。

トイストーリーとか、ピクサー系のアニメが好きな人は特に楽しめる雰囲気かと思います。

この動画の中には定番以外の曲も多く入っている印象ですが、どれもテンポが良くて、アニメーションのストーリーを追っているうちにいつの間にか聞き終わっちゃいます。

アニメの作画が海外風で、音量は絞ってありますがセリフも少し入っていたりするので、動画を見ながら一緒に歌って楽しむのが良いかもしれませんね!

NO2  ピンキッツ(PINKFONG ピンクフォン)

お次はピンキッツ(PINKFONG ピンクフォン)。

幼児や子供向けの教育ブランド『ピンキッツ』の公式チャンネルです。

全11曲で12分ほどの動画なので、サクッと見れちゃうのは嬉しいですね。

こちらの動画では定番のクリスマスソングが英語で歌われています。
クリスマスソングって英語で歌うと一気にクリスマス感が増す気がしませんか?
もともと海外の文化なんだから当たり前と言えば当たり前なんですけど、やっぱり日本語で歌う音と英語で歌う音では、声から受ける感触が違ってきますよね。

メロディは当然日本語版のものとほとんど同じで、歌詞もテロップがきちんと表示されているので、手軽に英語に触れながら、親子で楽しめる動画になっています。

「英語学習」と考えると頭が痛くなってきますが「歌を通して英語に触れる」と考えると、そんなに拒否感も生まれないかなと思います。

こちらも曲の内容に関するアニメーションがついていますが、ハイクオリティで見ていて楽しいです。

個人的に、配色が好きですね。サムネイルのピンクの感じとか、なんか可愛らしいですよね。

NO3 ボンボンアカデミー

最後にご紹介するのは、面白くてためになる動画がいっぱいの教育系チャンネル、ボンボンアカデミーの動画です。このチャンネルには歌、ダンス、体操動画を中心に、アニメの動画なんかもあるので、子供たちのおうち時間を楽しくしてくれること間違いなしですね!

 

今回ご紹介する動画の中で唯一実写の映像がついています。それぞれの曲に振り付けもされているので、歌いながら体も動かせるというめちゃめちゃ優良コンテンツになってます!

こういったメドレー形式で実写付きの動画ってあんまりないので、人気も高いみたいですね。

ただ、メドレーの中に「ママがサンタにキスをした」という曲があるのですが、サンタの正体が「パパ」であることを暴露しちゃってます笑

まだサンタの正体を明かしていないご家庭では、その曲は飛ばすか、上手いはぐらかし方を考えておく必要があります。

まとめ

  • 歌いながら、ハイクオリティのアニメも楽しめます!
  • 「英語を勉強する」のではなく、歌を通して「英語に触れてみる」のも面白いですね。
  • 「ママがサンタにキスをした」には要注意!
今回ご紹介したメドレー動画、定番を中心にしているものが多いですが、まだまだ知らないクリスマスソングが多くて驚きませんでしたか?
歌っていると体も温まりますし、凝っていた体も解れますよね。
また、お腹から声を出すことで気分的に前向きにもなれます。
もう少しで2020年が終わりますが、家族揃ってハッピーに終わりたいですね!