ビューティー

肌トラブルで多いかゆみ。原因と肌に負担をかけない治し方をご紹介!

肌のかゆみを感じ、ついゴシゴシと皮膚をかいてしまった。
あなたはそんなことありませんか?
肌をかく行為は皮膚にとって、ダメージがとても大きいです。

私もセーターや厚手の服などを着る際、摩擦によるかゆみを感じ思いっきり肌をかいてしまいます。

かゆみは小さな肌トラブルかもしれませんが、放置すると大きな肌トラブルに繋がります。

今回は

  • 肌のかゆみが起こる原因
  • 肌のかゆみを抑える対処法や予防法

について紹介します。

これから乾燥が気になる季節。
この記事は普段から肌のかゆみで悩まれている方だけでなく日頃かゆみが気にならない方もこれからの季節にそなえて読んでいただきたいです。

肌トラブルのかゆみの原因について

肌のかゆみを感じると、我慢できずついついかいてしまいますよね。
肌をかくことで一時のかゆみは治まりますが、原因が解決できていない為再び激しいかゆみを感じてしまいます。

かゆみをしっかり治すには、原因を理解し正しいケアをおこなうことが大切です。

かゆみがおこる原因について紹介します。

肌のかゆみの原因はバリア機能の低下

肌のかゆみの原因は肌のバリア機能の低下です。

肌のバリア機能とは肌自身が外界の刺激から肌を守るための力のこと。
肌表面の角層が紫外線・花粉・ウイルスなどから肌を守る「バリア機能」を果たします。

また、角層では肌の水分・油分の蒸発を防ぐ働きもおこないます。
バリア機能が低下してしまうと角層の役割である「外界の刺激から肌を守る力」、「肌の水分・油分の蒸発を防ぐ力」という2つの力が低下してしまうため、肌が乾燥した状態になります。

乾燥した状態の肌は外界からの刺激を敏感に感じる為、普段よりも過敏にかゆみをキャッチする結果に。

肌のバリア機能を低下させる要因

肌のバリア機能を低下させる原因は日常生活にたくさん潜んでいます。

かゆみの原因は主に体内の環境の変化によるものと、外界からの刺激によるものの2つに分かれます。

体内環境の変化によるもの

  • 睡眠の質の悪化による慢性的な睡眠不足
  • 生理などによるホルモンバランスの変化
  • 偏った食事などによる栄養不足
  • 過度なストレスによる免疫力の低下
  • 加齢による皮脂の低下・肌機能の低下

外部からの刺激によるもの

  • 体の洗いすぎによる保湿成分の低下
  • 乾燥や寒さによる肌へのダメージ
  • 衣類の締め付けや摩擦による刺激
  • 汗の成分が刺激物質に変化した
  • 花粉などのアレルゲンが肌に付着

肌のバリア機能の低下の要因としてこのようなものが挙げられます。
生活を送る上で避けられないさまざまなちゅえーションがあることが分かります。

肌のバリア機能が低下してしまうシチュエーションを理解し、予防するためにも頭の隅に置いておくことが大切です。

かゆみの対処法や予防法について

肌のかゆみを感じ始めると気になってしまい辛さも感じます。
肌に良くないと分かっていてもとりあえず肌をかいて痛めつけてしまったり…
かゆみを感じさらに肌をかいてしまうと、肌は負担を感じてしまいます。

肌の内側からかゆみを防ぐために出来る対処法や予防法を紹介します。

角質のバリア機能を保つスキンケアをおこなう

かゆみを対処するためには、原因である肌のバリア機能を回復させることが最優先です。
バリア機能を回復のために、スキンケアで肌の乾燥を防ぎましょう。

また、スキンケアを行う際は優しく丁寧におこなうことも大切です。
自分の肌に合った保湿効果の高いボディーソープや乳液・保湿クリームを使用しましょう。

体が温まるお風呂ですが、お風呂から上がった後は肌にとって一番乾燥する「過乾燥な状態」です。
お風呂上がりは肌が柔らかくなっているためスキンケアはおこないやすい状態。しかし、ダラダラと保湿せずに過ごしてしまうとかえって肌が乾燥してしまいます。肌の乾燥を防ぐためにも、お風呂から上がった後はすぐに保湿をおこないましょう!

また、洗顔などスキンケアをおこなう際は「清潔な状態で手際よくおこなうこと」がポイントです。日常生活の中で、顔は外界からの刺激を1番受けています。他の部分よりも皮膚が薄いうえに、化粧をしたり紫外線を浴びたりと常に負担がかかっています。肌への負担を減らすためにも顔のスキンケアは手際よくおこなうことがポイントです。

かゆみの予防法について

かゆみが我慢できなくなった時は、かかずに肌を冷やすことをオススメします。
肌はかくより冷やす方が負担が少なく、肌を冷やすことで簡単にかゆみが治まります。

また、以下の症状が現れた場合には皮膚科に行きましょう。

  • 我慢できないほどのかゆみ
  • 原因がはっきりしない
  • いつまでたっても治らない
  • 症状が手のひら2枚分以上の広範囲にわたっている

顔のかゆみを感じる際は狭い範囲のかゆみでも症状の完治に時間がかかる可能性があります。
そのため、顔のかゆみを感じる際も、皮膚科の受診がおすすめです。

肌トラブルが起きた際は、かゆみに限らず早めに病院へ行くことが大事です。

まとめ

  • 肌トラブルのかゆみの原因はバリア機能の低下
  • 肌のバリア機能を低下させる原因は「体の内側の変化」と「外界からの刺激」にある
  • 肌がどうしてもかゆいときは肌を冷やすこと
  • 肌のかゆみは日頃のスキンケアで予防できる
  • 肌のかゆみがひどいときは皮膚科に行く

肌のかゆみにも原因は様々あり正しい対処法もあります。
また、肌のかゆみは放置してしまうと別の肌トラブルに繋がる可能性も!

特にこれからの季節は乾燥が気になり、肌トラブルが起こりやすくなります。少しでも肌に違和感を感じたらスキンケアだけでなく日常生活の見直しもおこなうことが大切です。