生活

【100均】多肉植物♪ダイソーで手に入る!!おすすめの種類4選☆

多肉植物といえば?と聞かれて、
一番最初に思い浮かぶのは「サボテン」でしょうか(^^♪

形も可愛くて癒されますよね。
何より、育てやすいというところがとてもありがたいポイントです。

サボテン以外にも、たくさん素敵な多肉植物があるので、
今回は『100均ダイソーで手に入る多肉植物』をご紹介します!

おうち時間が増える中、
植物に癒されたいというあなた。

最後まで読んで頂ければ、
きっと多肉植物を育てたくなること間違いなしですよ(^^♪

多肉植物とは?

肉厚な葉や茎などに水分を多く蓄える植物のことです。

中央アメリカやアフリカ大陸などを中心に分布し、
雨の少ない地域に自生しています。

耐乾性や耐暑性を備えていて水やりなども少なくて良いので育てやすく、形も色々な種類があるのでとても人気の植物です。

ほとんどは「常緑性」といって、年中緑の葉を見ることができます。

そして、一年の中で「生育期」と「休眠期」があります。

【生育期】…活発に成長する
【休眠期】…成長が緩やかになる

また、日本の四季によって主に3つの生育型に分けられます。

【春秋型】

  • この生育型の植物が多い
  • 穏やかで過ごしやすい気候で生育する
  • 15~25℃が適温
  • 真夏や真冬は緩やかに成長するので水やりを減らす

【夏型】

  • 春から秋にかけて生育する
  • 20~35℃が適温
  • 冬は少しでも暖かい窓辺や温室に置くと良い

【冬型】

  • 冬から春に生育する
  • 5~20℃が適温(5℃を下回る所には置かないようにする)
  • 夏は水やりを控えて風通しの良い場所に置くと良い

おすすめの種類4選


多肉植物は本当にたくさんの種類があります。

大きさも様々ですが、ダイソーには小さくて飾りやすいものが並んでいたので、
その中からおすすめの種類を4つご紹介していきますね!

パロディア


サボテンの中でも良く見かける種類です。
コロンとしたフォルムがとても可愛い♡

サボテンの上部から綺麗な花が咲くのですが、
花の色は赤や黄色、濃いピンクなど様々だそうです。

何色の花が咲くか楽しみですよね!

生育型は? 春秋型
適温は? 15~25℃
気を付けることは? 真夏や真冬は水やりを減らす。直射日光の当たりすぎに注意。

 

キンセイマル


パロディアとよく似ている形ですが、
よく見るとサボテンの膨らみ方が違います。

キンセイマルも花が咲くサボテンで、
白い花が咲きます。

水やりを好んで多少の寒さは平気なサボテンなので、
とても育てやすい種類です。

そして、キンセイマルという名前が可愛いと思いませんか?
愛着が湧きますね。

生育型は? 春秋型
適温は? 15~25℃(多少の寒さは平気)
気を付けることは? とても丈夫な品種なので特になし

 

エケベリア


肉厚な葉がバラの花のようにロゼット型になっているのが特徴です。

気温が下がると葉が赤く紅葉するので、
変化が楽しめる種類かなと思います。

そして葉の間から、オレンジや赤などの色鮮やかな花が咲きます。
ロゼット型の植物に花が咲くと、さらに可愛くなりそうですね!

生育型は? 春秋型
適温は? 15~25℃
気を付けることは? 夏と冬はほぼ水やりしない方が良い

 

センペルビウム


ラテン語で「semper(常に)」「vivum(生きている)」が由来のセンペルビウム。

春秋型ですが耐寒性の高い植物なので、
まさに由来通りの強さを持った植物ですね!

冬には紅葉し、2~7月頃には薄桃色の花が咲きます。
厳しい冬を乗り越えて花が咲くなんて、
何だがパワーを感じませんか?

由来も含めてとても素敵な意味が込められているので、
贈り物にしても喜ばれるのではないでしょうか。

生育型は? 春秋型
適温は? 15~25℃
気を付けることは? 高温多湿に弱いので、夏は風通しの良い日陰に置く

 

まとめ

今回は『100均ダイソーで手に入る多肉植物』をご紹介しました。

  • 多肉植物とは?…肉厚な葉や茎などに水分を多く蓄える植物で、多くの品種がある
  • おすすめの種類4選…パロディア(様々な色の花が咲くサボテン)、キンセイマル(白い花が咲く丈夫なサボテン)、エケベリア(ロゼット型の植物)、センペルビウム(常に生きているという強い意味を持つ植物)

多肉植物といっても本当にたくさんの種類があるので、
どれにしようかな?と、選ぶところから楽しみが始まります。

日当たりや温度などを気を付ければ、そんなに手のかかる植物ではないので、
初心者の方でも簡単に育てられるのではないかと思います。

まずは100均ダイソーで、お気に入りの一つと出会って育ててみませんか?

たくさんの種類が並んでいたので、選ぶのに時間がかかるかもしれませんが、
時間をかけて選ぶと、そのぶん愛着が湧きますよ。

おうち時間が増えるこの時期にぜひチャレンジしてみてください(^_-)-☆