スポーツ

2020年ドラフトの結果をまとめました! 注目の1位指名は……!

10月26日、プロ野球のドラフト会議が開催されました。

今年はコロナウイルスの影響でドラフト候補選手が
各球団スカウトにアピールする機会ほとんどない状況でした。

また球団側にとても悩ましい状況だったと思います。

例年通りだと甲子園などで各球団のスカウトが
色んな選手をチェックすることもできるはずですが、
今年はその機会がほぼなかったです。

そんな異例とも言える状況でのドラフト会議。

果たして今年はどんなドラフト会議になったのでしょうか。

2020年ドラフト会議その結果は……


ドラフト会議はどの選手をどの球団が1位指名するのかということに注目が集まります。

例えば過去に遡ると、
当時PL学園の清原、桑田の1位指名、
ハンカチ王子こと斎藤佑樹の1位指名争いなど
1位指名には何かしらのドラマがあると思います。

ですが今年に限って言うと、
甲子園などの主要な大会が中止になり、
野球を見ない人でも皆知っていると言える選手がいないのかなーという印象です。

そのような印象を私自身抱いていますが、
それでも将来が楽しみな選手がいますので、
今年のドラフトを振り返っていきましょう!

各球団指名選手は……


今年のドラフト会議の各球団の指名選手は下記になります。
今回は一部抜粋し各球団の1位から3位の選手をご紹介します。

ヤクルト

×早川隆久・投手(早稲田大)
×鈴木昭汰・投手(法政大)
1.木澤尚文・投手(慶應大)
2.山野太一・投手(東北福祉大)
3.内山壮真・捕手(星稜高)

広島

1.栗林良吏・投手(トヨタ自動車)
2.森浦大輔・投手(天理大)
3.大道温貴・投手(八戸学院大)

DeNA

1.入江大生・投手(明治大)
2.牧秀悟・内野手(中央大)
3.松本隆之介・投手(横浜高)

阪神

1.○佐藤輝明・内野手(近畿大)
2.伊藤将司・投手(JR東日本)
3.佐藤蓮・投手(上武大)

中日

1.高橋宏斗・投手(中京大中京高)
2.森博人・投手(日本体育大)
3.土田龍空・内野手(近江高)

巨人

×佐藤輝明・内野手(近畿大)
1.平内龍太・投手(亜細亜大)
2.山崎伊織・投手(東海大)
3.中山礼都・内野手(中京大中京高)

オリックス

×佐藤輝明・内野手(近畿大)
1.山下舜平大・投手(福岡大大濠高)
2.元謙太・外野手(中京高)
3.来田涼斗・外野手(明石商業高)

日本ハム

1.伊藤大海・投手(苫小牧駒澤大)
2.五十幡亮汰・外野手(中央大)
3.古川裕大・捕手(上武大)

楽天

1.○早川隆久・投手(早稲田大)
2.高田孝一・投手(法政大)
3.藤井聖・投手(ENEOS)

西武

×早川隆久・投手(早稲田大)
1.渡部健人・内野手(桐蔭横浜大)
2.佐々木健・投手(NTT東日本)
3.山村崇嘉・内野手(東海大相模高)

ロッテ

×早川隆久・投手(早稲田大)
1.○鈴木昭汰・投手(法政大)
2.中森俊介・投手(明石商業高)
3.小川龍成・内野手(國學院大)

ソフトバンク

×佐藤輝明・内野手(近畿大)
1.井上朋也・内野手(花咲徳栄高)
2.笹川吉康・外野手(横浜商業高)
3.牧原巧汰・捕手(日大藤沢高)

×マークは指名選手が他球団と被り、
くじでの抽選の結果、指名できなかったことを表しています。
反対に○マークは他球団と指名選手が被ったものの、
くじでの抽選の結果、その選手を指名できたことを表しています。

指名について……
ドラフト会議で指名されても必ず指名された球団に入らなければならないわけではありません。
ドラフト会議で各球団が選手を指名するとその選手との契約交渉権を手にできます
その権利を獲得し、選手側が同意、そして選手と契約成立後、入団という流れになります。

各球団の1位は……


×マークと○マークに注目して考えますと、
各球団が取り合った選手がいるのがわかりますね。

今回は
佐藤輝明・内野手(近畿大)、早川隆久・投手(早稲田大)に注目したいと思います。

複数球団との競合になった二人ですが、
佐藤輝明・内野手(近畿大)を指名した球団が多いです。

この選手が今年の注目選手でした。
関西学生野球秋季リーグでリーグ本塁打記録を更新し、
アマチュアNO.1スラッガーの呼び声が高い選手です。

結果的に阪神タイガースが交渉権を獲得。

早川隆久・投手(早稲田大)も評価の高い選手です。
選手を評価するホームページがあるのですが、
そこでの評価が非常に高いです。
詳しくお知りになりたい方はこちらからどうぞ。

1位じゃなくても……


例年ドラフト会議やプロになってからも、
1位指名された選手が注目される傾向がありますが、
正直プロに入れば指名順位は全く関係ないと個人的に思っています。

1位指名で入団した選手が数年後には自由契約になることなんてざらにあります。
逆に後の順位で指名された選手が活躍することもあり、
ドラフトの順位は所詮順位!

肝心なのはプロ入り後です!

あのイチローもドラフトでは4位指名でした。

なので指名された選手の今後を要チェック!

まとめ

最後にこの記事をまとめますと……

  • 今年のドラフトのでは、
    佐藤輝明・内野手(近畿大)、早川隆久・投手(早稲田大)が複数の球団に競合されました。
  • 佐藤輝明・内野手(近畿大)は関西学生野球秋季リーグでリーグ本塁打記録を更新し、アマチュアNO.1スラッガーの呼び声が高い選手です。
  • 早川隆久・投手(早稲田大)も評価が高く、選手を評価するホームページでは高評価を得ています。
  • ドラフトで1位指名でも、
    プロ入り後は活躍せずに自由契約になるケースも少なくありません。
    逆に1位指名でなかった選手が活躍するケースがあるので、
    指名された選手の今後を要チェック!

それでは最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。