健康

筋トレメニュー3選‼【自重,胸トレ編】モテる体への第一歩!?

このページで分かること

  • 胸トレのメリット
  • 胸トレのおすすめメニュー

10月も終わりに近づいてきて寒くなってきましたね。
朝お布団から出るのが辛いです(笑)

今年はコロナで宴会はあまり開けないかもしれませんが、それでも年の終わりに近づいてくると飲み屋さんに行く機会が増えますよね。

その時絶対アウターを脱ぐじゃないですが。
で、コートなどを脱いだ時体形がだらしなかったらちょっと嫌じゃないですか?
自分は嫌です(;^_^A

服のセンスを鍛えるのは個人の感性があるので難しいですが、体形は自分の努力で変えられるので体を鍛えて服をかっこよく着たいなと思っちゃいます!
そして、かっこよく服を着るために必要な筋肉こそ大胸筋なのです!

胸トレをするメリット

筋肉トレーニングなどの長期的に継続が必要なことを、挫折しないようにするために必要なのは目標を立てることです!

体力を付けたい!モテたい!など人によって様々だと思いますが、自分が頑張れる目標であればなんでも大丈夫です(; ・`д・´)

なので今回は大胸筋を鍛えることによって得られるメリットを紹介します!

服をかっこよく着れる

まず一つ目。
冒頭にも書きましたが、「服をかっこよく着れる」です。

なぜかっこよく着れるかを説明する前に逆にかっこ悪い着かたを想像して下さい。
人によってそれぞれだと思いますが、一つに「お腹が出てる」というのがあると思います。

大胸筋を鍛えることでお腹よりも胸の方を大きしお腹が出ないようにするというわけです!

また、形もよくなりますのでワイシャツなどを着た時に大胸筋が張ってるとかっこいいですよね(^^♪

代謝が上がって引き締まった体になる

なんどか他のページで言ってますが、効率的な筋トレの方法は「大きな筋肉から鍛える」です。

大胸筋は体の中で大きな部位になります。
以下に大きな筋肉の部位ランキングを出しますが、今回のメインターゲットの大胸筋は第5位に入ってますね。

1位 大腿四頭筋(太もも)
2位 大臀筋(お尻)
3位 三角筋(肩)
4位 ハムストリングス(太腿裏)
5位 大胸筋(胸)

成果がわかりやすい

大胸筋は体の前面についていて、しかも上部の方にあります。
脚と比べると鏡とかで確認がしやすいんですよね。

家に鏡がある所ではお風呂の時に毎日見るので効果が実感しやすいです。

筋トレは効果を実感できるまで少し時間がかかりますが、胸トレは成果が出やすい部位なのでモチベーションを下げずに出来ます。
頑張った分だけ効果が出るのはうれしいですよね♪

胸トレメニュー3選

ではいよいよ本題のメニュー紹介です。

今回は一番オーソドックスな物からちょっとレベルの高いものまでバランス良く集めてみました。

ノーマルプッシュアップ

これは一度はやったことがあるのではないでしょうか?

大胸筋全体をバランス良く鍛えられます。

基本の姿勢

腕は肩幅より少し広めに開いて肘を伸ばします。足はこぶし一個分ぐらいに開いて背筋を伸ばし頭からかかとまで一直線になるようにします。

次に動作

肘を曲げ体を下におろしていくのですが、その時に肩甲骨を背中に寄せて胸を張ることを意識しておろすと効果が高まります。

セット数について

10~15回×2セット

  • 顔を上げて前を見るようにする
  • 体を下すときは地面に胸を付けるイメージで
  • 脇を閉めて肘が外側に開かないようにしましょう

ワイドプッシュアップ

ノーマルプッシュアップの手をさらに広げたバージョンです。

鍛えらる部位は大胸筋の上部、下部、上腕三頭筋です。

基本の姿勢

手を肩幅の二倍ほど広げましょう。足はこぶし一個分ぐらいに開いて背筋を伸ばし頭からかかとまで一直線になるようにします。

次に動作

ノーマルプッシュアップと同じです。
こちらも肩甲骨を背中に寄せて胸を張ることを意識しましょう。おろす時の効果が高まります。
手を広げた分ノーマルプッシュアップよりきついと思いますが、その時は膝を地面につけてもOKです。

セット数について

10~15回×2セット

  • 顔を上げて前を見るようにする
  • 体を下すときは地面に胸を付けるイメージで
  • 呼吸はゆっくりと止めないように

ナロープッシュアップ

これは上の二つよりも難易度が少し高いです。
腕試しのつもりで挑戦してみましょう!

鍛えられる部位は大胸筋の内側、上腕三頭筋です。

基本の姿勢

手で三角形を作り胸の真下で体を支えます。足は互いにくっつけてつま先でバランスを取ります。

次に動作

手で作った三角形に胸を近づけるイメージで体を下します。もし無理そうだったら膝を地面につけてもOKです。

セット数について

10回×2セット

  • 顔を上げて前を見るようにする
  • 膝を付けてもきつかったら体を下げ切らずに半分の所で大丈夫です
  • 脇を閉めて肘が外側に開かないようにしましょう

まとめ

今回はかっこよくなるために必要な筋肉として胸トレについて紹介してきましたが、まとめると以下のようになります。

  • 大胸筋を鍛えられば服がかっこよく着れる
  • 大胸筋全体を効率良く鍛えるにはノーマルプッシュアップ
  • 上部・下部を鍛えるワイドプッシュアップ
  • 中部を鍛えるナロープッシュアップ

まずは一回でもいいのでぜひやってみてください!