行事

ホワイトデーのお返しに意味あり!失敗しないお菓子の選び方10選‼︎

まもなく、ホワイトデーの季節がやってきますね!!

お返しを待っている女性は、どんなお返しをくれるのだろう?と、ドキドキ・ワクワクしながら、日々過ごしているかと思います。

一方、男性の側からすると義理チョコを含め、バレンタインデーにたくさんチョコレートをもらってしまうと、何をお返しに買えばよいか困ってしまう・・・といった嘆きの声がよく聞かれますね(笑)

本記事ではそんな方のために、お勧めのお菓子10選とその持つ意味をご紹介いたします!!

また、そもそもバレンタインデーの始まりやホワイトデーはどのようなことがきっかけで行われるようになったのか、そちらも紐解いていきたいと思います。

ホワイトデーはいつから?(3つの説あり)

  1. 不二家・エイワ説
    昭和40年代、日本のバレンタインデーが定着しつつある頃、菓子業界では、その1か月後にビスケットやマシュマロ・キャンディを渡すようになりました。不二家もエイワと協力して、リターンバレンタインデーと銘打って、マシュマロを販売するキャンペーンを行ったそうです。
  2. 石村萬盛堂説
    福岡にある老舗菓子屋でマシュマロが主力商品だった石村萬盛堂で、ある女性雑誌に記載されていた「バレンタインデーのお返しにせめてマシュマロでも送ってほしい」との一文を見つけたのをきっかけに、主力商品のマシュマロをホワイトデーのお返しの品として売り出したそうです。
  3. 全国飴菓子協同組合説
    年にキャンディを送る日として「ホワイトデー」を制定し、三越・電通と協力してキャンペーンをしたのが始まりとされています。

バレンタインデーの起源はどこから?

【世界中で愛の誓いの日】

ローマ帝国時代、2/14は、女神ユーノの祝日で翌日の2/15、豊作祈願ルペルカリア祭が開催されていた当時、ローマでは男女が別々に生活を送っていました。祭りの前日、つまり2/14に女性が紙に名前を書き、桶の中に入れ、翌日に男性がその髪を引くことでその二人は祭りの間、パートナーとして一緒にいることが許されました。

この出来事をきっかけに結婚する人が増えたことから「恋人の日」と認識され始め、バレンタインデーとして愛を誓いあう日となりました。

日本でチョコレートを渡す習慣になったのは、「モロゾフ」や「メリーチョコレート」が始まりとされていますが、詳細は定かではありません。

ホワイトデーにお勧めのお菓子10選とその意味

お菓子には込められた意味があるそうです。
意味によっては、渡す相手やお菓子の持っている意味を間違えると・・・という事にもなりかねません。
私個人としては、相手のために一生懸命選んでくれたアイテムなら、喜んで受け取りますが(笑)

また、相場についても、頂いた額の倍返しがマナーのようです。
ただ、義理や本命によっても、値段は変わってきますよね。

義理⇒2000円以内
本命⇒もらった額の2~3倍となります。

マシュマロ『あなたが嫌いです。』

口の中に入れるとすぐに溶けてしまうので、そのまま消えてほしい→嫌いという意味をもったようです。

クッキー『あなたは友達のままで』

クッキーのサクサク感が軽いイメージ=友人関係を意味しているのだとか。ここで注意なのが、本命の相手には渡さないほうが無難ですね・・・。

キャンディ『あなたが好きです』

口に入れてから溶けるまで時間がかかり、味が口の中に長く残ることから、愛情が長く続くという意味が込められているようです。

マカロン『あなたは特別な人です』

フランスの代表的なお菓子とされているマカロンですが、実は発祥はイタリアで、高級菓子としてなじみがあるようです。このことから、「特別な人にしか渡さない」お菓子としての位置づけになったそうです。

キャラメル『あなたは一緒にいると安心する人です』

キャラメルは口の中に入れると溶けていきますが、いつまでもほんのりと甘い味が口の中に残る存在感のあるお菓子です。その味の由来から、「一緒にいたい」「好き」といった意味が込められています。

マドレーヌ『もっと仲良くなりたいです』

マドレーヌの形は、中世の通行証でもあったホタテの貝の形に焼き上げるのが伝統です。これは、キリスト教の巡礼のシンボルであり、日本では、二枚貝は夫婦円満の象徴でもあったことから、もっと仲良くなりたいと意味が派生したようです。

バームクーヘン『幸せが長く続きますように』

「生地が何層にも重なっている」→「幸せを重ねる」→「幸せが長続きしますように」との思いが込められているそうです。

グミ→『嫌い』

ほかのスイーツに比べて手抜き感があるからだそうです・・・。

 

カップケーキ『特別な人』

マカロンと同じで、高価なお菓子ということで、「あなたは特別な存在」という意味を持っています。

チョコレート→『あなたの気持ちをそのままお返しします』

バレンタインデーにもらったチョコレートをそのままの形でお返しするので、「あなたの気持ちは受け取れない」という意思表示になります。このまま友人関係で行きたいという暗示だそうです。

もし、本命の人に、これをもらったら結構ショックかもですね・・。

まとめ

  • ホワイトデーはもともと、日本のお菓子メーカーがアイデアを出し合って始めたキャンペーンだったようです。今となっては、なくてはならない日本の恒例行事の一つとなりましたね!
  • バレンタインデーの始まりも興味深かったですね~。ローマ時代から始まり、当初は一緒にいることを許されなかった男女が唯一過ごすことを許された限られた日だったんです!!それをきっかけに男女が愛を誓いあう日になったと言われていますが、なんともロマンチックですね。
  • 意味によっては、渡す相手やお菓子の持っている意味を間違えると・・・という事にもなりかねません。

ぜひ、購入時の参考にして頂けると嬉しいです!!
あなたにとって、素敵なホワイトデーになりますように♪