映画

「新感染 ファイナル・エクスプレス」見どころ!!ゾンビ映画が泣けると話題

こんにちは!
実は最近、韓国ではゾンビを題材にしたドラマ、映画が流行っています。
私は、ゾンビ映画が大好きで、よく観るタイプです!
あなたはどうですか?
夜に観るのはちょっと…とか、まったく無理!という方もいらっしゃると思いますが、
怖さより感動!涙なしには見れない!」そんな映画を紹介したいと思います^^

「新感染 ファイナル・エクスプレス」~あらすじ~

2016年韓国で公開、1000万人以上動員したゾンビアクション映画
ゾンビ映画としては異例の大ヒットを記録した、부산행(釜山行き)
2017年日本で公開され、その日本語版タイトルが「新感染 ファイナル・エクスプレス」です。

韓国でバイオテロによって、人間がゾンビ化し、人を襲い始めます。
襲われ、噛みつかれた人はゾンビになり、また人を襲うというシンプルなストーリーです。
その中で、主人公のソ・ソグ(コン・ユ)が子供のスアン(キム・スアン)をお母さんに合わせるため、韓国・ソウルからプサンまで、新幹線に乗り込みます。

しかし、その途中後輩からの連絡で、今回のバイオテロの原因は、自分が株操作で助けたバイオ会社が関係していることを告げられます。
自分が助けたことが原因で…
と落ち込んでいましたが、そんな中、周りの人々と協力し、成長していく映画です。

韓国全土がゾンビ化していく中、唯一安全だと言われた釜山まで、最終的に生き残ったのは、スアン・ソンギョンの2人のみ。自己中心的だったソグが最後は自分が犠牲になり2人を助けました。

映画に出ている周りの登場人物の人間像なども、細かく描かれており、ゾンビ映画でも怖さより内容に集中してしまい、感情移入してしまいます。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」~キャスト~

◇ソ・ソグ(コン・ユ)

敏腕ファンドマネージャー。ソウルの証券会社に勤めている。
仕事一筋で、自己中心的な性格。妻とは別居中。
子供のこともよくわからず、誕生日には去年と同じものをプレゼントしてしまう。
しかし、最終的には、サンファとの約束を守り、スアンとソンギョンを守り抜く。

◇スアン(キム・スアン)

ソグの娘。誕生日に別居中のお母さんに会いたいと無理やりお願いし、新幹線に乗り込む。
お父さんとは違い心優しく、相手のことを思いやれる子
最初はお父さんが、大嫌いだったが、成長し、変わっていくお父さんを見て、絆が深まる。
最後まで残る生存者

◇ソンギョン(チョン・ユミ)

新幹線に乗り合わせた妊婦。ユン・サンファの妻。
芯のある性格で、自分よりスアンを必死に守ろうと戦う。
最後、スアンと釜山へ進むトンネルで感染者と疑われ殺されそうになるが、
スアンが歌を歌ってくれたことで無事、生き延びる

◇ユン・サンファ(マ・ドンソク)

ソンギョンの夫。生まれてくる子供と妻を心から愛している暖かい心の持ち主。
ソグの自己中心的な性格を変えるきっかけを作る。
ガタイがよく、ゾンビを次々に倒していく。
最後はゾンビになりかけながらも、周りの人々を必死で守っていく。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」 ~見どころ~

ゾンビ映画の中でも、「感動」や「クスっとしてしまう」場面もある映画。
新幹線の中で、避難しているスアンやソンギョンたちを助けに行くため、車両ごとにいるゾンビを倒していくシーンは、ちょっと笑いもあります!
ゾンビは単純で、音と人間の姿だけに反応します。そのため、工夫次第では、力は必要ありません。
単純なゾンビをこれでかわすのか!と度肝を抜かれます。

また、1つの映画に感動はラストのみ。の場合も多いですが、感動の場面は1つではありません。
私はこの映画を5回見ました。個人的に感動した場面は、サンファがゾンビになりかけながらもソンギョンに言った最後の言葉
そして、必死でみんなを守ったその姿に5回すべて泣いていました。
私はサンファが最後まで、生きていて欲しかったです!

そして、最後。ソグはゾンビに噛まれ、自分もゾンビになりかけます。
その中でも、必死でスアンとソンギョンを守り、意識がなくなり、2人を襲わないように、自ら列車を飛び降ります。その時の、ソグの涙は100%もらい泣きしてしまいます。
映画の最初のソグからは考えつかない行動に、涙が止まりませんでした。

私が、特に号泣したのは2シーンですが、所々に泣ける場面があるので、観る方の今までの経験とか、刺さる部分が必ずあります!

まとめ

  • 韓国でバイオテロにより、ゾンビが増えていく中、ソグはスアンとソンギョンを守った。
  • キャストには親子、夫婦、兄弟の関係性があり、ゾンビと戦いながら絆が深まっていく。
  • サンファの最後の言葉と、ソグのゾンビになるシーンに注目!
  • 最初はゾンビに圧倒されるが、感動に変わる。

この映画はゾンビがメインに出ていて、抵抗ある方もいると思いますが、「人間の成長」と「仲間同士の助け合い」を表現した映画です!
仲間の死より、自分の死を選ぶ。パニック状態の時、自分だったらできますか?
正直、体験しないとわかりません。しかし、この映画を見たら、今までと考え方が変わるでしょう。

そして、個々の演技力やゾンビのリアルさにも、注目の映画です!
いったい、どうやったらあんなにゾンビになりきれるのか不思議です。
すでに、次作まで出ているほどの人気なので、ちょっと怖いかも…という方も1度観てみてください^^