映画

えんとつ町のプペル映画上映開始!声優は芦田愛菜さん、窪田正孝さん

今年は鬼滅の刃が本も映画もトップとなりましたが、他にもたくさんの方に支持されている作品があります。

それは「えんとつ町のプペル」です!!

こちらは、お笑い芸人であるキングコングの西野亮廣さんの作品となります。

今回はこちらの作品のあらすじ、3つのおすすめポイント、声優さん情報を紹介したいと思います。

えんとつ町のプペルとは?

えんとつ町のプペルはもともと絵本が原作となっています。最初のストーリーを紹介します。

えんとつ町はその名の通り、たくさんのえんとつが立ち並ぶ街。そのせいで、町中煙だらけで、町からは空が一切見えません。

そこに一人の少年が母親と二人で暮らしています。彼の名はルビッチ。ルビッチはえんとつ掃除の仕事をしています。

そんな彼には今は亡き父親がいました。父親は彼にえんとつから出る煙のせいでみえないが、煙の向こうには夜空があり星がとてもきれいなことを何度も話してくれました。

しかし、ずっと煙でおおわれているえんとつ町では、夜空など見たことある人は誰もいません。そのせいで、父親もルビッチも嘘つき呼ばわりされていました。

ある日、ルビッチはごみでできたごみ人間と出会います。ルビッチは彼にプペルの名をつけてあげます。

その日から二人はずっと一緒。そしてルビッチはプペルに空の話をします。空を見ることが二人の夢になりました・・・

絵本と映画では少しストーリーが変わっています。どちらかを見てからもう片方を見ると違った楽しみ方ができるかもしれません(^^)/

この作品の3つのおすすめポイント

この作品には魅力的な点がたくさんあります!そのポイントを3つにわけて紹介します。

きれいな景色

この作品は、とっても描写がきれいです。えんとつ町は雲で覆われているため、ずっと灯りがともされています。絵本でも映画でもその景色がとても細部まで描かれています。町の灯りやえんとつ、建物まで立体的な作りになっていて、景色だけで楽しめるほど。

その証拠に、絵本の絵を「光る絵本展」という展示会を全国で開催しています。こちらの展示会は、物語の世界観を最大限見せるために、会場は暗い状態で絵を光らせています。

展示会は常時、各地で開催されています。興味のある方は、ぜひ「光る絵本展」にも足を運んでみてください。

魅力的な音楽

絵本でルビッチとプペルはハロウィーンの夜に出会います。なので、歌詞にもその物語が使われています。

原作者の西野さんがアイリッシュ音楽が好きなこともあり、挿入歌も主題歌もアイリッシュの雰囲気の漂う曲調になっています。ハロウィーンにはぴったりの音楽なんですが、この曲がとても頭に残ります。

歌いやすいので、子どもと一緒に楽しめる一曲です!!

ストーリーに織り込まれたメッセージ

この映画にはあるメッセージが隠されています。

この物語でルビッチが、皆からずっと嘘つき呼ばわりされ続けます。嫌な思いをしても夢を諦めずに行動し続けます。いつしかプペルという仲間ができ、最後には夢を叶えます。

「信じぬくんだ。たとえ一人になっても」

この言葉からもわかりますが、原作者である西野さんは、皆に否定されても夢があるなら、一人でも頑張り続けることの大切さを教えようとしてくれています。

見終わったときには、胸にジーンときてしばらく映画について考え込んでしまいました。

お友だちと行って、感想を語り合うのもいいかもしれません。私の友人は上映開始後すぐに2度観に行ったそうです!!

ルビッチとプペルの声優を紹介!

ルビッチ役には芦田愛菜さん

ルビッチ役には芦田愛菜さんが起用されました。芦田愛菜さんと言えば名子役として活躍後、最近では大人びた姿が話題となっています。

そんな芦田愛菜さんが今作では、男の子役を演じます。

ルビッチはとても頑張り屋さんででもまだまだ幼いキャラクターです。

芦田愛菜さんのルビッチ役はとても合っていて、芦田愛菜のとても穏やかで芯がある声に引き込まれます。

また、少年らしい可愛らしさもある声で、芦田愛菜さんは声優としても素晴らしい方だなと感じました。

プペル役には窪田正孝さん

プペル役は窪田正孝さんが起用されました。

最初窪田さんの起用を知ったとき、プペルはどんな声になるんだろうと疑問に思っていましたが、出来上がった作品を見てみるととても納得できる起用でした。

少し頼りなさげな、でも親しみのある作品に仕上がっていました。プペル自身が頼りがいのあるキャラクターではないので、余計窪田さんの声と合っています。

ルビッチとは違った可愛らしさのあるキャラクターに仕上がっています。

 

最後にえんとつ町のプペルの映画の公式サイトの案内をさせていただきます!!
興味がある方はぜひ、のぞいてみてください(^^)/

「えんとつ町のプペル」映画公式サイトはこちら

まとめ

さて、今回は映画「えんとつ町のプペル」について紹介しました。

  • ルビッチとプペルが空を求めて行動するストーリー
  • 3つのおすすめポイント(きれいな景色、魅力的な音楽、ストーリーに織り込まれたメッセージ)
  • 声優はルビッチ役に芦田愛菜さん、プペル役に窪田正孝さん

老若男女関係なく楽しめる「えんとつ町のプペル」劇場でご覧ください(^^)/!