映画

ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』のクセになっちゃう名曲に注目!!

2016年に公開されたロマンティック・ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』。男女の恋愛と夢を追いかける姿を情熱たっぷりに描いたと~っても素晴らしい作品です。

監督・脚本は『セッション』が大ヒットして一躍有名になった若き天才デイミアン・チャゼルが手掛けます。

熱狂的なファンの人がすごく多いとっても有名な作品で、私も試写会含めもう5回以上は劇場観賞しています。

Blu-rayも持っていて自宅で何度も鑑賞していますが、IMAXで再上映などがあるといまだに必ず劇場に足を運びたくなるのは、その映像や物語ももちろんですがその素晴らしい楽曲の力もとっても大きいと思います。

夢追い人の切なく情熱的な物語をさらにドラマチックに彩るのにピッタリすぎる名曲の数々。作曲はジャスティン・ハーウィッツ

とにかくステキすぎるこの作品を私が好きないくつかの楽曲に焦点をあててご紹介したいと思います。

『ラ・ラ・ランド』のあらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス

いつか自分のジャズバー・レストランを持つことを夢見る売れない場末のジャズピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)とオーディションに落ちまくりながらもハリウッド女優になることを目指すミア(エマ・ストーン)。

二人の出会いは最悪なものではあったものの、お互いを知るうちにどんどんと惹かれあいます。

だけど夢を応援し合いながらも少しずつ少しずつすれ違い始める二人は、、。

『ラ・ラ・ランド』の楽曲

「Another Day of Sun」

まずは圧巻の熱量からなる奇跡のカメラ長回しで魅せてくれる冒頭のオープニングシーン。2日間フリーウェイを封鎖しての本番撮影だったそうです。これを撮るのがどれだけ大変だったか。

物語をすべて知った上で観る2回目以降の鑑賞時はその歌詞と相まってこのシーンだけでいつもウルウルきちゃいます。

 

今作がミュージカル映画であることを宣言する大事な役目を担った「Another Day of Sun」の歌詞は、夢追い人の理想と現実の過酷なギャップに対し、それでも「また新たな日が始まる」とあくまでも前向きに歌うものです。

 

「Someone in the Crowd」

オーディションが上手くいかず落ち込んでいるミアをルームメイトがパーティに誘いだすところから始まるとってもカラフルでオシャレな曲。

わたしは女子四人が横並びになってスカートを振り回すところと水中を駆使したカメラワークからの花火を映すシーンが大好きです。

ちなみに黄色いドレスのルームメイトはソノヤ・ミズノという女優さんで、父親は日本人、母親はアルゼンチンとイギリスのハーフ。

『Mia and Sebastian’s Theme』

なかなか報われない二人の想いをのせた、とっても切ない響きのステキなピアノ曲。

ライアン・ゴズリングはこの作品のためにピアノを猛練習し、作中の演奏シーンは手元のアップまで全て差し替え無しで演じきっています。素人目にはとても信じられないクオリティーの演奏でびっくりです。

『A Lovely Night』

ラ・ラ・ランドといえばやっぱりこのシーン。お互いに恋愛相手としてあり得ないと言い合いながらも惹かれあっていく姿を息の合ったダンスとこの曲で可愛らしく表現。ロケーションもすっごくステキです。

『City of Stars』

デュエットバージョンと二回でてくるこの曲。胸が締め付けられるような哀愁漂うこの曲がわたしは楽曲の中で一番好きです。

この曲がアカデミー賞で歌曲賞を受賞しています。

ライアン・ゴズリングは口笛が吹けないそうで、夕暮れの桟橋の場面ではジャスティンの口笛に差し替えているようです。ピアノよりよっぽど簡単そうに感じるのに。(笑)

『Start a Fire』

この曲を歌うのは「All of me」がスマッシュヒットし一躍有名になったグラミー賞歌手ジョン・レジェンド。ミュージシャンのキース役を演じています。

劇中ではセブの目指すところの音楽ではないのですが、この曲もジョン・レジェンドの流石の声で聴かせます。

『Audition』

作曲者のジャスティンに「おそらく今作の中で一番好きな曲です」と語らせたこの曲

エマのブロードウェイにも出たことのある歌唱力とその表現力に聴き入ってしまいます。

その苦悩と葛藤を滲ませながらも夢を追う人々に寄り添う内容に共感しまくりでした。

まとめ

出典:映画.com

  • ラ・ラ・ランドは過去にでも現在でも夢を追いかけたことのある誰もが共感し、その頃の高揚感と苦しさを思い出さずにはいられないミュージカル映画の傑作。
  • その楽曲もとにかく素晴らしく、数々の映画祭で作曲賞や歌曲賞などを受賞。
  • 劇中のライアン・ゴズリングのピアノシーンは全部本人が弾いている。

ミュージカル映画が大好きなわたしには大好物すぎる作品ですが、そもそもミュージカルが苦手だという人も多いかもしれません。

わたしの周りにもいるそんなミュージカル嫌いな友人にもこの作品は受け入れてもらえた実績があります!(笑)これを機にミュージカル嫌いを克服しちゃいませんか?

まだ未鑑賞の人がいたらぜひおススメしたい作品です♪