映画

映画『ジュリエットからの手紙』の名言がステキ!その内容をご紹介♪

2011年に日本で公開された『ジュリエットからの手紙』

私の中で、幸せな気持ちになれる恋愛映画と言われた時に真っ先に思い浮かぶのがこの作品です。

とってもロマンチックな作品で、自分がロマンチストかどうか試されるような映画といってしまっても過言ではないと思います。

そして、物語中で重要なキーとなるお手紙の中にとってもステキな名言があるんです。

そのステキな手紙の内容と一緒にこれから映画『ジュリエットからの手紙』をご紹介していきたいと思います。

『ジュリエットからの手紙』のロマンチックなあらすじ

ニューヨーカー誌の調査員として働くソフィ(アマンダ・セイフライド)はライターになることを夢見ています。

ソフィは婚約者のヴィクター(ガエル・ガルシア・ペルナル)とイタリアのヴェローナに婚前旅行に行くこととなりました。

しかし、イタリアでもヴィクターは仕事のことに夢中になり、せっかくの旅行なのに二人は別行動となります。

そんな中、ソフィは一人観光に出かけ、シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の舞台となったジュリエットの家を訪れます。

そして、ひょんなことから「ジュリエットの秘書」と呼ばれる手紙の返事を書く女性たちのお手伝いをすることになります。

50年前に書かれたクレアというイギリス人女性の手紙を偶然見つけたソフィは、クレアに返事を書くことになります。

そして、手紙を読んでヴェローナを訪れたクレアとその孫のチャーリーと共に、50年前に叶わなかった恋の相手ロレンツィオを探すこととなるが、、、。

『ジュリエットからの手紙』の気になるキャストは?

出典:映画.com

アマンダ・セイフライド

今作でヒロインを務め、とにかく美しい彼女は1985年生まれのアメリカ人女優です。

身長は161センチで、米ピープル誌でも2013年に「世界で最も美しい女性」の3位に選ばれた美貌の持ち主。

11歳の時にモデルとしてデビューし、その後、数々のドラマや映画作品に出演。

日本でも有名なミュージカル映画作品『マンマ・ミーア!』でメリルストリープの娘役だったあの美女です。

クリストファー・イーガン

1984年生まれのオーストラリアの俳優。

2006年に『エラゴン 遺志を継ぐ者』でハリウッドデビューし、『ジュリエットからの手紙』が大ヒットしたことで知名度を上げました。

その後はなぜか映画作品には出演していないようです。

ヴァネッサ・レッドグレイヴ

1937年生まれのイギリス人女優。

これまでアカデミー賞やゴールデングローブ賞など数々の賞を受賞している実力派。

『ジュリエットからの手紙』で50年前に叶わなかった恋の相手ロレンツィオ役の俳優フランコ・ネロと実生活で結婚しています。

二人は数々の作品で共演していますが、実際の結婚相手と映画でも恋ができるなんてホントにステキです。

『ジュリエットからの手紙』の舞台ヴェローナってどんなところ?

イタリアの北東にあるヴェローナ

ヴェローナの街は2000年に「ヴェローナ市街地」としてユネスコ世界遺産に登録されたとても美しい歴史ある街です。

有名な観光地に、シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の舞台となったジュリエットの家があります

ジュリエットの家では、今も世界中からやってきた観光客たちが恋の悩みを綴った手紙を壁に貼っていきます。

その数は毎年5000通にもなるそうです。

なんとその手紙一通一通に返事を書くボランティアの方々がいて、その人たちは『ジュリエットの秘書』と呼ばれています。

恋の悩みのお手紙に対してジュリエットからお返事がくるなんて、めちゃくちゃステキじゃないですか?

この作品を観て、ヴェローナのジュリエットの家にすっごく行ってみたくなりました。

『ジュリエットからの手紙』のステキな名言

ソフィがクレアにジュリエットの秘書として書いた手紙の内容がとってもステキなんです。

これがその内容です。

親愛なるクレア

”もし”と”あの時”は、それぞれ普通の言葉にすぎません。

でも、その2つを合わせると、あなたを一生苦しめる力を持つのです。

”もしあの時、、。”

物語の結末はわかりません。

でも、かつて真実を感じた愛ならば、遅すぎることはありません。

かつて真実なら、今も真実のはず、、。

少しの勇気を持ち、あなたの心に従って。

ジュリエットの愛を、どう例えればいいのか、、。

親しい者を捨て去る愛

荒海をも超える愛

私もいつか、そのような愛を感じたらつかみ取る勇気を持ちたい。

クレア、あの時は無理だったけれど、いつか勇気を持てると信じます。

愛を込めて、ジュリエットより

愛はけっして遅すぎることはないって背中を押してくれる内容にグッときちゃいます。

そして、ジュリエットの秘書の一人が言ったセリフにも名言がありました。

”夫はワインのようなもの。熟成するには長い時間がかかる。”

これも深みのあるなかなかな名言じゃありませんか?

まとめ

  • 『ジュリエットからの手紙』はイタリアのヴェローナにあるジュリエットの家で見つけた古い手紙がもたらすロマンチックな物語。
  • 超絶美女のアマンダ・セイフライドとイケメン俳優クリストファー・イーガン、実力派女優ヴァネッサ・レッドグレイヴ、その夫のフランコ・ネロなど俳優陣も豪華。
  • ソフィがクレアにジュリエットの秘書として書いた手紙の内容に名言が詰まってて、とってもステキ

ロマンチックで多幸感に溢れた『ジュリエットからの手紙』。

この作品を観ると恋がしたくなるし、イタリアに行きたい気持ちがウズウズします。

イタリアを舞台としたロマンチックな物語、あなたもぜひ観賞してみてください♪