料理

【敬老の日のお食事レシピ】ありがとうの特製おもてなしメニュー

敬老の日の夕食は少し豪華にしたいですよね。
そして、体にやさしくて、味も濃くないようなものが良いですね。

敬老の日のお祝いにぴったりの健康を気遣ったメニューをご紹介させていただきます♪

喜ばれるおかずといえば・・・

料理が豪華なのも良いですが、お祝いしたい人のことを一番に考えられたものが最も喜ばれることでしょう。自己満足のお祝いにならないように考えていきましょう。

食べやすいもの

噛む力や飲み込む力が弱いと、大きなものや固いものを食べると疲れてしまいます。
なので、箸で小さく切れるような柔らかいものを作りましょう。

  • 茶碗蒸し
  • 豆腐・おからハンバーグ
  • 野菜や果物をミキサーにかけたもの(ポタージュなど)
  • 肉じゃが
  • プリンやゼリー

などが挙げられます。液体やジェル状のようなものが良いですね。

バランスの良いもの

まごわやさしい」という言葉をご存知でしょうか?

この言葉は、食材の頭文字を取ったもので、すべて取り入れると栄養バランスの取れた食事になる便利な言葉なんです。

ま・・・豆(納豆・小豆・黒豆・グリーンピース・油揚げなど)
ご・・・ごま(くるみ・栗・銀杏・松の実など)
わ・・・わかめ(ひじき・のり・昆布・もずくなど)
や・・・野菜(緑黄色野菜・淡色野菜・根菜類など)
さ・・・魚(アジ・イワシ・あさり・サバ・鮭・マグロ・海老など)
し・・・椎茸(舞茸・なめこなどのキノコ類)
い・・・芋(じゃがいも・サツマイモ・山芋など)

例えば、これらを使った料理は・・・

  • ひじきの白和え
  • イワシのつみれ
  • 煮鮭のかす汁
  • ちらし寿司
  • サバの煮付け

などがあります。「まごわやさしい」で検索するとたくさんレシピが公開されていますよ♪

ありがとうが伝わる食事レシピ

食べやすさと栄養バランスの取れたおかずを献立にしてご紹介させていただきます♪

副菜:マグロとアボカドのきざみわさび和え

マグロとアボカドは相性抜群‼︎

アボカドにはコレステロールの減少が期待できる不飽和脂肪酸が多く入っています。また、食べる美容液と呼ばれるほどのたくさんのビタミンが入っているのだとか♪

マグロに含まれているDHC(ドコサヘキサエン酸)は脳に直接届く栄養素で、目の健康・記憶力の維持が期待できると言われています。


引用元:sbfoods.co.jp

【材料】(1人分)

  • ぶつ切りの赤身マグロ(50g)
  • アボカド 1/4個
  • レモンの絞り汁(小さじ1/3)
  • きざみわさび(小さじ1/2)
  • 醤油(小さじ1)

【作り方】

  1. アボカドを1.5センチ角に切って、レモンを振る。
  2. ボウルにきざみわさびを入れ、①とマグロを入れて和える。
  3. 器に盛り、醤油をかけると出来上がり。

副菜:茶碗蒸し

茶碗蒸しは、低カロリー・低糖質・高タンパク質です。

鶏肉を入れる茶碗蒸しが基本ですが、鶏肉の脂質が気になる方は海老に変えても良いでしょう。

また、椎茸に含まれる豊富な食物繊維やカリウムは、体の毒素を取り除く役割を担うため、茶碗蒸しは優れた逸品なんです♪


引用元:sirogohan.com

【材料】(1人分)

  • 卵(Lサイズ) 1個
  • だし汁 90ml
  • 薄口醤油 小さじ1と1/2
  • みりん 小さじ1/2
  • かまぼこ 1、2切れほど
  • とりもも肉 25g
  • 椎茸1枚
  • 三つ葉 少々

【作り方】

  1. かまぼこ・とりもも肉・椎茸は食べやすい大きさに、三つ葉は1〜2センチ幅で切る。※鶏肉は別容器に入れ、熱湯で霜降りすると臭みが取れます。お湯を切って塩で下味をつけておきましょう。
  2. ボウルにだし汁、しょうゆ、みりん、溶き卵を混ぜ合わせこしたら、厚手の器に入れる。
  3. 熱湯が2cmほど入った深鍋に②の器を入れて、はじめに2~3分ほど蓋をきっちりした状態で強火で蒸す。
  4. 蒸気がしっかり出ていることを確認してから、続いて蓋を少しずらしておく。
  5. その状態のまま、弱火で25分ほど蒸す。

主菜:白身魚とエリンギのバター醤油炒め

白身魚は、鯛、たら、スズキなどが挙げられます。
お祝いなので「めで鯛」にかけても良いかもしれませんね♪

白身魚は、脂肪が少なく高タンパク。おまけにコラーゲンたっぷり消化にもやさしい食材なのです。

淡白な味わいなので、どんな調味料との相性も
副菜に合わせてレパートリーを変えても良いでしょう。


引用元:park.ajinomoto.co.jp

【材料】(1人分)

  • たら 1切れ
  • エリンギ 50g
  • 水 25ml
  • 鶏ガラスープ 小さじ1/4
  • バター 5g
  • サラダ油 小さじ1/2
  • ネギ 小口切り 適量

【作り方】

  1. たらは食べやすいサイズに切る(3等分くらい)エリンギは長いものは半分に切り、縦4つに割る。
  2. フライパンで油を熱したら、①のたらを入れて焼く。両面に焼き色がついてきたら、フライパンの端に寄せ、空いたところに①のエリンギを加えて炒める。
  3. 水と鶏ガラスープを加えて、フライパンを揺すって全体で混ぜ、バターを加える。
  4. バターが溶けたら、鍋肌から醤油を加え、サッと炒める。
  5. 器に盛り、小ネギを散らす。

まとめ

敬老の日に「健康でいてくれてありがとう」と伝えたいなら、真心が伝わる手作りのお食事でお祝いするのが最もふさわしいのではないでしょうか。

せっかく作るなら喜ばれる方が良いですよね。

  • 柔らかいものにしたり、食べやすい大きさにしたりすること
  • 「まごわやさしい」が栄養の基本。偏りがない健康的なおかずにすること

これさえ抑えておけば喜ぶこと間違いないはずです‼︎
手作り料理で楽しい思い出の日にしましょう♪