英語学習

英語学習におすすめの映画と選び方の3つの基準は⁇初心者はまずはこれ!

英語の勉強方法として「英語で映画を観る」という言葉をよく耳にしますね。

でも実際にどんな映画を観ればいいのかわからない、
そもそもどうやって観るのが効果的なの?と悩んでいる方も多いはず。

ここでは英語のレベルを大きく3つに分けて
それぞれにあった鑑賞方法とおすすめの映画をご紹介していきます♪
ぜひ参考にしてみてくださいね!

まずは映画の選び方の3つのポイント‼︎

一言で「映画」といっても、そのジャンルは非常に多いですよね…。
どんな映画をチョイスするかによって、身につけられる英語力も変わってきます。

そこで、映画を選ぶ際には次の3点を考えながら選んでみましょう。

①いまの自分の英語力
②身につけたい英語の種類
③どんな映画を観たいか

①まずは現在の英語力です。
最初から最後まで何を言ってるかまっったく分からない。。。
という状況での勉強は、せっかく芽生えたやる気を一気に削いでしまいます。
ポイントは、「頑張れば理解できるかも…!」と思えるくらいの
難易度のものを選ぶことです。

②次は身につけたい英語の種類です。
イギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語など
日本語に方言があるのと同じように英語にもいろいろな種類があります。
自分が身につけたい英語によって、選ぶ映画を変えてみましょう。

どんなシーンで使われる英語を身につけたいかも重要です。
基本的な日常会話、ビジネスシーンでの英語、恋愛で使う英語、
スラングなどを含む砕けた表現、貴族が使う上流階級の英語……
あなたがどんな英語に触れたいかをよくよく考えて選んでみましょう♪

③いちばん大切なのは、興味のある映画を選ぶこと。
勉強勉強!と張り切りすぎず、肩の力を抜いて純粋に映画を楽しみましょう!

では、以上のことを踏まえながらおすすめの映画を見ていきます。

【初級編】BABE(ベイブ)

映画で英語を観るのは初めて!という方におすすめの映画は
『 BABE (ベイブ) 』です。
大人気映画なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

こちらは1995年公開の映画。
農場にもらわれてきた子豚のベイブが、
そこで出会った仲間と様々な問題を解決していくという物語。
食用豚としてハムやベーコンになり出荷されるという運命に逆らい
必死に奮闘することで、自らの人生を変えていくベイブの姿に
涙腺が緩んでしまう作品です。。。(泣)

『BABE』をおすすめする理由は
簡単でわかりやすい英語が、ゆったりとしたペースで話されているからです。
ベイブ自身が赤ちゃんブタということもあり、使われる単語も易しいものばかり。

それでも難しいと感じる方は
日本語音声 + 英語字幕 から始めてみましょう!
おおまかなストーリーをつかんでから英語音声に挑戦するとわかりやすいですよ♪

他にも、ディズニー作品ジブリ作品など
子供でも楽しめるように作られている映画の中から
自分の興味にあったものを選んでみてくださいね!

【中級編】プラダを着た悪魔

次にご紹介するのは、ビジネスシーンで英語を使いたいという方におすすめの映画。
名作中の名作、『プラダをきた悪魔』です!

まだ観たことがない方には、いますぐ観て欲しいくらいおすすめの作品です…!

お洒落に興味がなく、地味な服ばかりを着ていた主人公が
フッション雑誌『ランウェイ』の編集長のもとでアシスタントとして働く物語。
その横暴ぶりから悪魔とも称される編集長ミランダとともに
少しずつ前進し、お洒落になっていく主人公の姿は何度観てもワクワクします。

また、この映画でアシスタント役を演じたアン・ハサウェイが
女性社長を演じた『マイインターン』もぜひ合わせておすすめしたい作品です

編集部のオフィスで繰り広げられる物語なので
ビジネス英語がたくさん使われているのはもちろん、
ファッションに関わる単語や表現が豊富なのも嬉しいポイントです!

英語に慣れてきたら 英語音声 + 日本語字幕 で観てみてください。
聞き取れなかった部分は巻き戻して何度も聞いてみましょう♪

とにかく中級編は
「自分の力でがんばって聞き取ってみる」ことが大切ですよ〜!

【上級編】英国王のスピーチ

最後にご紹介するのは、『英国王のスピーチ』です。

言葉をスムーズに話せない”吃音症” に悩まされるイギリス国王ジョージ6世が
言語療法士のローグとともに、演説に向けて奮闘する物語。
英語勉強におすすめの映画として定番になりつつありますが、本当に優れた作品なんです!

この映画をおすすめしたい理由。
それは、スピーチの練習をする場面や実際の演説シーンが多いので
フォーマルな英語がたくさん使われているということ。
人前で、英語で話す機会がある方などにはぜひみてもらいたいです!

うまくいかない葛藤から情緒が不安定になったり、
主張がぶつかり合うシーンも多いので
リアルな感情表現について学ぶこともできます。

スピーチのシーンだけは英語音声のみで鑑賞するなど、
人によっていろいろな楽しみ方ができる作品なので
ぜひ自分にあった勉強方法を追求してみてくださいね!

まとめ

いくつかの映画を紹介してきましたが、
自分が挑戦してみたいと思える作品はありましたか?

目的やレベルによって作品を選び、
ひとつの映画を最初から最後までちゃんと鑑賞することが大切です。

今回ご紹介した作品をきっかけに、
みなさんがもっと多くの素晴らしい作品に出会い
英語を楽しく勉強できますように♪