アニメ

【ディズニー】ドナルドダックの家系図が凄い!厳選キャラをご紹介!

ディズニーでビッグ5といわれているメインキャラクターの1人、ドナルドダック。

ドナルドダックの親族「ダックファミリー」はご存じでしょうか?

まだ知らないあなたも、少しは知ってるよ!というあなたも、今回ご紹介する「ダックファミリー」のキャラクターたちの魅力を知って、興味を持っていただけたら嬉しいです♪

ドナルドダックの家族「ダックファミリー」とは?

ダックファミリーとはドナルドの家族・親族のことをいいます。

ドナルドダックは、両親ともに由緒ある家柄の子孫で、それは家系図が作れるほど!

少し知っているあなたは、1988年4月4日~1989年3月27日に放送されていた「ダックテイルズ」をご覧になったことがあるのではないでしょうか?

「ダックテイルズ」シリーズでは、ドナルドの親族「ダックファミリー」の一部のキャラクターが出演しています。

現在ではディズニーチャンネルで放送されているので、ディズニーチャンネルに登録されているのであれば、ぜひご覧になってみてください♪

東京ディズニーリゾートで会える「ダックファミリー」

東京ディズニーリゾートでは、一部の「ダックファミリー」に会うことができます。

現在新型コロナウイルス感染予防対策のため、グリーティングスポットのあるドナルドダック以外はパレードやショーで会えるかもしれないのでチェックしてみてください♪

それではどんなキャラクターか、ドナルドとの関係性とあわせてご紹介していきます♪

ドナルドダック

冒頭でもご紹介した「ダックファミリー」の中での1番の有名キャラクター、ドナルドダックです。

1934年6月9日スクリーンデビュー以来86年活躍しているディズニーのメインキャラクターの1人です。

ちなみに、本名は「ドナルド・フォントルロイ・ダック」といいます。

東京ディズニーランドでウッドチャック・グリーティングトレイルがグリーティングスポットとなっています。

スクルージ・マクダック

私が大好きなキャラクター、スクルージ・マクダックはドナルドダックの母方の伯父です。

お金に目が無いキャラクターで「ミッキーのクリスマスキャロル」がスクルージ・マクダックのキャラクター性とぴったりでとても印象深い作品です。

ヒューイ・デューイ・ルーイ

ドナルドダックの姉、ダンベラ・ダックの息子でドナルドダックの甥にあたる三つ子です。

三つ子揃ってわんぱくでいたずらが大好き!
「ダックテイルズ」では短気なドナルドダックが手を焼いているのが印象深いです。

知っておきたい!「ダックファミリー」

東京ディズニーリゾートではパレード、ショー、グリーティングで会うことが叶わないキャラクターですが、押さえておきたい「ダックファミリー」がいます!

作品にもなかなか出てこないことが多いですが、魅力あふれるキャラクターがいっぱいなので、厳選してご紹介していきます♪

クックモア・ダック

ドナルドダックの父親です。

クックモア・ダックの祖先は「ダックファミリー」が住んでいるダックバーグという都市を設立したという、とても由緒ある家系なんですよ。

ホーテンス・マクダック

ドナルドダックの母親で、スクルージ・マクダックの姉です。

スコットランド出身のマクダック一族の末裔で、こちらも由緒ある家系です。

ドナルドダックが卵のころ、13週間も温め続けていたのに産まれてこなかったのであきらめ、その後ドナルドダックが生まれたころにはその場にいなかったと伝えられています。

ダンベラ・ダック

ドナルドダックの双子の姉で、ヒューイ・デューイ・ルーイの母親です。

息子たちが卵の頃にロケットで月へ行き、戻れなくなってしまった…とか、ある日突然ドナルドダックに息子たちを預けていなくなってしまった…などいろいろな設定があり、なかなか作品にも出てこないキャラクターです。

グランマ・ダック

ドナルドダック、ダンベラダックの父方の祖母です。

作品でもなかなか見かけませんが、東京ディズニーランドのトゥーンタウンにある「トゥーンタウン・ベビーセンター」という赤ちゃんの食事、おむつの交換、授乳に利用できる施設の壁面に描かれているキャラクターなんですよ♪

まとめ

  • 「ダックファミリー」は、由緒あるドナルドダックの家族・親族
  • キャラクターグリーティング、パレード、ショーで一部の「ダックファミリー」に会える♪
  • 「ダックファミリー」は個性豊かなキャラクターがいっぱい!

東京ディズニーリゾートで会えるキャラクター、テレビシリーズで見られるキャラクター、東京ディズニーリゾート内でさりげなく描かれているキャラクターと「ダックファミリー」は本当にいっぱい!

それぞれのキャラクターの背景や関係性に触れることで、魅力を実感していただけたのではないでしょうか?

あなたのお気に入りの「ダックファミリー」を探してみてくださいね!