音楽

知ると得するクリスマスソングランキング洋楽編!私的な名曲を紹介!

クリスマスとか正月とか、なんでよりにもよって寒い時期にあるんだろうって子供の頃思ってました。とかにあったらもっとハッピーなのにって。

クリスマスが近づいてくると、街中からクリスマスソングが流れてきます。
Mariah CareyやWham!なんか超定番ですよね。

普段何気なく流し聴きしているクリスマスソング、今年は少しだけじっくり聴いてみませんか?

定番も良いんですが、最近リリースされた中にも素晴らしいクリスマスソングがたくさんあるんです。

折角のクリスマスに音楽をじっくり聴いている、という状況が幸せかどうかはともかく笑
この記事では近年リリースされたクリスマスソングの中で「私的」ランキングを紹介していきます!

洋楽クリスマスソング「私的」ランキング

ここではチャート順位やYouTubeの再生回数ではなく、比較的最近リリースされた曲で、私個人が強くおすすめしたい曲をランキングで発表していきます。

第3位 Ariana Grande – Santa Tell Me

正直、このランキングが「私的」でなかったら、近年リリースされた中ではベストなクリスマスソングなのかな、という印象です。ただ、あくまでこれは私の「私的」ランキングなので、少しひねくれていたいということで3位です笑

2014年にリリースされたこの曲ですが、Ariana Grandeの伸びやかなボーカルが実に印象的な1曲ですね。曲自体もキャッチーで馴染みやすく、まさにクリスマスソングっぽい雰囲気ですよね。

次世代のMariah Careyとも呼ばれているAriana Grande。
これからどこまで大きな存在になるのか、楽しみですね。

第2位 Liam Gallagher – All You’re Dreaming Of

我らがロックンロールスター、Liam Gallagherのクリスマスソングです。
『ビートルズ以来最も偉大なバンド』とも称されるバンド『OASIS』のフロントマンであるLiamですが、最近彼のドキュメンタリーが公開されたこともあって、その名を耳にした人も増えたのではないでしょうか。

なぜこの人の声はこんなにも特別なんでしょう。

OASISの時は他のアーティストを寄せ付けないような、圧倒的なカリスマ性を剥き出しにした声でした。
しかしこの曲の歌声はというと、
心を直に撫でられているような、優しくも力強い声ですね。
世界最大級のロックバンドだったOASISが解散して、頂点もドン底も経験したLiamだからこそ聴かせる事のできる、人としての大きさを感じる声ですよね。

第1位 Mabel – Loneliest Time Of Year

はい、ということで第1位はMabelにしました。知名度で言えばAriana GrandeやLiam Gallagherよりも低いのですが、「私的」な1位です。

この曲のタイトルを見た時「これがクリスマスソング?」と思いました。

「1年で1番孤独な時間」ですからね。

普通の感覚で言えば逆ですよね。クリスマスといえば恋人と、そうじゃない人は家族や友人と、楽しく暖かい時間を過ごすもの。

「孤独」とは真逆のイメージですよね。

でも、私はこのタイトルを見た時に、なんだかとても共感しました。

雪が降るのを眺めている、でも何も感じない

誰か私に教えてよ、どうやって楽しめば良いのか、この1年で1番孤独な時に

引用:LyriQ

この曲の歌詞に表現されているクリスマスは、決してハッピーとは言えないクリスマスです。
ただ、人間みんな一様ではないので、人それぞれのクリスマスがあります。
どちらが人としてより良いかとか、どちらが正しいあり方かとか、そんな事はどうでもよくて、私が伝えたいのは、どんな人のどんな感情にだって、音楽は寄り添ってくれるんだということです。

もしあなたがこの曲の歌詞のような想いでクリスマスを過ごしているのなら、
寝転がって音楽でも聴いてみませんか。
「良い曲ないかなー」って色々探しているうちに、眠たくなって、なんとなく時間って過ぎているものですよ笑
実体験なので、間違いなしです。

まとめ

今回はめちゃめちゃ「私的」なランキングでした。
クリスマスソングにも色々なタイプがあります。楽しいものから少し悲しいものまで。
Wham!の『Last Christmas』も、恋人に傷つけられた男のことを歌っていますし。

【クリスマスソング】と一括りにされると見落としがちですが、その歌詞やメロディが訴えてくるものって曲によって全然違います。

「今年のクリスマスは暇」って方、、笑
クリスマスと言えどもただの1日です!
別に特別なことがなくても良いんです。
暇つぶしに音楽でも楽しんでみてはどうでしょう。