ゲーム

天穂サクナヒメのストーリーのネタバレをご紹介しちゃいます‼︎

「米は力だ」
このキャッチフレーズを持つ、人気の新作ゲームをご存知でしょうか?

2020年12月11日に発売されたNintendo Switch(ニンテンドースイッチ) と、PlayStation4(プレイステーション4)対応のゲーム、
天穂(てんすい)のサクナヒメ』!!!

この天穂のサクナヒメは本格的な稲作と探索をテーマにしたゲームです。
どのような内容のゲームなのか気になりますよね。

それでは、さっそく、『天穂のサクナヒメ』のストーリーについてお話していきます。

この記事はネタバレを含んでいます。

 

『天穂のサクナヒメ』のあらすじ


【Nintendo Switch&PS4『天穂のサクナヒメ』テレビCM】

 

神々が暮らす「頂の世」人間たちが暮らす「麓の世」に分かれている国・ヤナトで、
武神・タケリビと豊穣神・トヨハナを両親に持つ、主人公・サクナ
サクナは家の財産を食べては、ぐうたらと暮らす生活を送っていた。

そんなある日、神々が住んでいる都に迷い込んできた山賊・田右衛門一行を誤って侵入させてしまった上に、主神・カムヒツキへの供物の備蓄している米をすべて燃やしてしまった。

その失態の罰として、サクナは主神・カムヒツキより、侵入してきた田右衛門一行らと共に「鬼島」と呼ばれる、鬼が住む「ヒノエ島」への調査を命じられたのだ。
その調査内容は、鬼が絶え間なく生まれる島の謎を解明するといった内容であった。

サクナは、田右衛門一行や島の先住民・アシグモらと協力しながら、
自分の力の源である米を作りつつ、鬼退治や鬼が生まれ続ける島の謎について調べていく試練が始まっていくのであった。

登場人物

引用:『天穂のサクナヒメ』公式HP

『天穂のサクナヒメ』の登場人物について簡単にまとめてみました。

サクナ 本作の主人公で豊穣姫。備蓄の米を燃やした罰で「鬼島」へ追放されてしまう。
タマ爺 両親不在のサクナの養父。昔は剣として武器の役割を担っていた。
ココロワヒメ サクナの親友。車輪と発明をつかさどる女神。
カムヒツキ ヤナト親族を統べる主神。サクナに鬼島への調査・開拓を命じる。
田右衛門 人間の侍で、飢えを凌ぐために神の都へ侵入した山賊。サクナの協力者。
ミルテ ヤナトに立ち寄った聖職者。医師で、学者でもある。サクナの協力者。
きんた 戦災孤児で、物づくりが得意。サクナの協力者。
ゆい きんたにまとわりつく少女で、手芸が得意。サクナの協力者。
かいまる 田右衛門が所属する山賊の頭領の息子で、動物と交流が出来る。サクナの協力者。
アシグモ ヒノエ島の原住民で、誇り高き戦士。サクナの両親への恩義から、彼女の協力者となる。
石丸 田右衛門が所属する山賊の一味。鬼島の鬼達の首領となり、サクナヒメの前に立ち塞がる。

 

『天穂のサクナヒメ』のストーリーのネタバレ

それでは、ここからは『天穂のサクナヒメ』のストーリーのネタバレについてお話していきます。

サクナは、都の備蓄の米を燃やしてしまった罰より、侵入者の人間・田右衛門一行とともに鬼退治と鬼が生まれ続ける島の謎を調査すべく、鬼島「ヒノエ島」へ向います。

ヒノエ島では、サクナの両親がかつて住を構えていた家があるため、そこを目指して進んでいきますが、ここは鬼が住む島。
サクナは鬼と戦いながら家を目指すことになりました。

戦い後、無事サクナの両親の家へたどり着き、そのお家のすぐ横に田んぼがあり、生きるために自分の力の源である、お米を育てるために稲作を行うことに。

『天穂のサクナヒメ』は、
この稲作が本格的な作りになっていることが話題となっています。

一年目は田植えから始まります。二年目からは、田起し→種籾選定(たねもみせんてい)→育苗(いくびょう)→田植えという順に稲作を進めていきます。

ちなみに、この稲作を行うことでサクナは成長し、成長に合わせて技や稲作の効率がよくなる農技を習得したりします。

収穫した米の品質・量に比例してサクナの能力は上昇し、上昇した能力値は鬼と戦う時に引き継がれるので、稲作を行えば行うほど鬼退治を有利に進めることができるというわけです。

こうして稲作をしつつ、鬼島を探索していくサクナ。
場所ごとの目的を達成したり、時には最奥地のボスを倒したりして、鬼島をどんどん開拓していきます。

そしていよいよ、ラスボスのいる城へたどり着きます。
そこで待っていたのは、田右衛門が所属する山賊の一味石丸でした。

サクナは石丸を倒しますが、なんとここで火山が噴火します。
この噴火は、過去に大きな戦を起こし、サクナの父であるタケリビが討伐した大龍(オオミズチ)が復活をしてしまったというものでした。

しかも、その火山灰によって田んぼは灰まみれ、鬼による襲撃で峠はめちゃくちゃの状態になり、ひどく落ち込みましたが、サクナは田んぼや峠の再起を図り大龍を倒す決意をします。

そこから、都の神々に力を借りたり、鬼島に一緒に来た田右衛門一行と協力しながら、田んぼや峠の復興に向けて取り組んでいきます。

そして、大龍を倒すための力と武器を手に入れ、サクナはいよいよ本当のラスボス、大龍との戦いへ挑みます。

無事大龍を倒し、主神からの指令を遂行したサクナは、名実ともにヤナトの最高の豊穣神となりました。
そして、そのサクナの稲は今後数百年もの間、神々に愛され続け、さらに人間たちが暮らす「麓の世」を実り豊かにしていったのでした。

商品情報

『天穂のサクナヒメ』の商品案内です♪

タイトル 天穂のサクナヒメ(てんすいのさくなひめ)
対応機種 Nintendo Switch™ / PlayStation®4
ジャンル 和風アクションRPG
発売日 2020年12月11日
プレイ人数 1人
価格 ・ Nintendo Switch™
パッケージ限定版 6,980円+税
通常版(パッケージ/ダウンロード) 4,980円+税
・PlayStation®4
パッケージ限定版 6,980円+税
ダウンロード版デジタルデラックス 6,980円+税
通常版(パッケージ/ダウンロード) 4,980円+税

大好評発売中です(^^♪
忙しくて買いに行けない、今すぐプレイしたいならダウンロード版がおすすめですよ。

 

まとめ

今回は『天穂のサクナヒメ』についてお話しました。

  • 『天穂のサクナヒメ』は主人公・サクナが鬼島「ヒノエ島」稲作と探索で攻略していくストーリー
  • サクナは、鬼島で仲間達と様々な困難を乗り越えて、名実ともにヤナトで最高の豊穣神となった。
  • 『天穂のサクナヒメ』は現在大好評発売中!!便利なダウンロード版も展開している。

 

稲作と鬼が住む島の探索がテーマの本作品。
なかなかない組み合わせに、とても興味がそそられますよね。
また、本格的な稲作が体験できるのも面白いですよね(^^♪

ぜひこの新感覚ゲームを楽しんでみてください!