映画

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編!はじめて観た感想は?いよいよ終映迫る

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編がいよいよ終映になります。
2019年4月より放送を開始したアニメ「鬼滅の刃」。

鬼に家族を殺された竈門炭次郎が、
鬼になった妹の禰豆子を人間に戻すため、
<鬼殺隊>に入隊する事から始まるこの作品は、

公開わずか3日で

動員数342万人!

興行収入46億円

という記録を作りだしました。

そして2020年TVアニメ「鬼滅の刃」竈門炭次郎立志編につづく無限列車編
劇場アニメーションとして描かれます。

炭次郎達の次の任務は、短期間で多くの行方不明者を出している無限列車。

この列車を舞台に新たな任務が始まる…。

あらすじ

果てなく続く
無限の夢の中へー

蝶屋敷で修行を終えた炭次郎達は、次の任務が無限列車だと告げられる。
そこでは短期間のうちに何十人もの人が行方不明になっているという。

禰豆子を連れた炭次郎、善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の隊士、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、無限列車で鬼との闘いに挑んでいく。

無限列車の中で煉獄杏寿郎に合流した炭次郎は、自身が使う「ヒノカミ神楽」について聞くが、「知らない」とあっさり言われてしまう。

十二鬼月 下弦の壱 魘夢

車掌が切符を切りに来た時点で、炭次郎達は、敵の術にかかってしまっていた。

煉獄と炭次郎達は眠りに落ちてしまっていました。
十二鬼月の下弦の壱、魘夢の血気術で夢の中へと…。
人間を夢の中へ閉じ込めて「精神の核」を破壊するという恐ろしい鬼です。

なんとか眠りから覚めて魘夢と対峙するのですが、炭次郎達はかなり苦戦します。

十二鬼月 上弦の参 猗窩座

全員でなんとか魘夢を退治した後、この状況で最悪の鬼、猗窩座が登場します。

炭次郎は怪我をしてしまい、鬼滅隊炎柱の煉獄杏寿郎が対戦する事に。

猗窩座と煉獄の激しい戦いが始まります。
鬼VS人間の戦いはどちらが勝つのか、
炭次郎達はどうなるのか、続きは映画で楽しみましょう。

スタッフ

原作 吾峠 呼世晴
監督 外崎 春雄
総作画監督 松島 晃
脚本制作 ufotable
主題歌 LiSA「炎」(SACRA MUSIC)

主題歌はアニメ版のオープニングテーマ『紅蓮華』がヒットしたLiSAの『炎』で、どこか切なさを感じるバラードとなっています。

炎の歌詞も煉獄杏寿郎をイメージする内容で映画とリンクしています。

この曲を聴く度に映画を思い出して泣いてしまう。そんな1曲です。

キャスト

竈門 炭次郎(かまど たんじろう)
【CV: 花江 夏樹】

心優しい少年。
鬼になった妹を人間に戻す為、鬼殺隊に入隊。

竈門 禰豆子(かまど ねずこ)
【CV:鬼頭 明里】

鬼になってしまった炭次郎の妹。
人間は襲わない。

我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)
【CV:下野 紘】

炭次郎の同期の鬼殺隊剣士。雷の呼吸の使い手。

嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)
【CV:松岡 禎丞】

炭次郎の同期の鬼殺隊剣士。獣の呼吸の使い手。

煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)
【CV:日野 聡】

鬼殺隊の最高位”柱”の一人炎柱。炎の呼吸の使い手。

魘夢(えんむ)
【CV:平川 大輔】

鬼舞辻無惨配下”十二鬼月”の下弦の壱。

猗窩座(あかざ)
【CV:石田 彰】

鬼舞辻無惨配下”十二鬼月”の上弦の参。

主人公を演じるのは2020年第14回声優アワードで主演男優賞を花江夏樹さん。

アニメの主人公だけでなく、ゲームや吹替え、TV番組のMCなど多方面に活躍している方です。中性的な高音の持ち主。

実は善逸役のオーディションも受けていたそうです。

感想

一言でいうと、泣ける映画です。

最初に観たのは長女でちょっと泣きそうになったかもといい、

その後長男と主人が観に行き、長男も5回位泣いたようです。

私はほとんど鬼滅の刃の存在を知らないまま、映画館に行きました。

子供達が観たいとずっと言っていたので、気になっていたからです。

久しぶりに一人で映画を見に行き、号泣して帰ってきました。涙なしでは終われません。

劇中4~5回泣きました。

ある程度、ラストが予測できた映画とはいえ、煉獄さんの強い言葉、炭次郎の心の叫び、せつない夢のシーンなど泣ける箇所は人それぞれだと思いますが、感動します。

映画を観てすぐ、漫画を全巻揃えて家族全員でひたすら読んでいました。漫画でも少し泣けます。漫画を全巻読むなんて何年ぶりだろうと思ったくらいです。

繰り返し観たいと感じたのもこの映画が初めてです。終映前にもう一度観たい!漫画もまた読み返してみました。

アニメが続きを放送するようですが、待ちきれません。ぜひ終映までにあの感動をもう一度!

まとめ

  • 無限列車の中で繰り広げられる強敵の鬼VS最強の柱の戦い
  • 主題歌は煉獄杏寿郎をイメージしたLiSA『炎』
  • 主人公を演じるのは花江夏樹さん。善逸役のオーディションも受けていました。
  • 一言でいうと泣ける映画。終映前にぜひあの感動をもう一度!

見どころはやはり強敵の鬼VS最強の柱の戦闘シーンでしょう。
・下弦の壱 魘夢
・上弦の参 猗窩座
この鬼達と炭次郎達がどんな戦いを繰り広げるのか、ぜひ劇場で体感してみてください。
終映は2021年4月頃が予想されています。お早めに!!