ゲーム

あつ森の内装についてご紹介!おすすめは?変更の仕方は?住民の内装をあなた好みに変えちゃおう♪

あつ森の住民のお家、あなたは気にされたことありますか?

キャラクターによって色んなお家があって素敵ですが、「もっと自分好みにアレンジしたい!」、「このキャラクターにはこの内装が似合いそうなのに変更できないの?」こんなことを思ったご経験はないでしょうか!?

実はそれ、出来ちゃうんです♪
今回は、そもそも住民の内装って決まっているの?といったところから、内装の変更の仕方、最後におすすめの内装をご紹介したいと思います。

あつ森の住民の内装って決まっているの?初期住民は違う内装なの??

そもそもあつ森の住民の内装って決まっているのでしょうか?答えはイエスです!住民ごとに内装が決まっており、住民の個性に合わせ、色や家具などが決められています^^

ただし、初期住民2人と、イベントで引っ越してきた住民3人に限り違う内装となっており、住民固有の内装ではなく、移住イベントの内装となります。

初期住民とは
最初の住民のことで、男女1人ずつの計2人が登場する。
初期住民が好みでない場合はゲームを最初から始めれば変更可能。

元々の内装やイベント専用の内装も十分素敵ですが、これをもっとより良くしていきたいところ!次から内装の変更の仕方をご説明しますね^^

あつ森の住民の内装を変更するには?

あつ森の住民の内装を変更する方法についてご説明していきます♪
内容は以下の通りです。

  • 手紙や毎日1回だけできるプレゼントで家具を渡す。
  • たぬきちにお金(ベル)を払うことで内装をコーディネートする。

手紙や毎日1回だけできるプレゼントで家具を渡す

これは住民と信頼関係をコツコツ築きながら内装を変更していく方法になります。
手紙や毎日1回だけできるプレゼントで自分の好きなモノや、住民の似合いそうな家具などをプレゼントしましょう♪

ここで重要なポイントとして、飾ってほしくないものはプレゼントしないことが挙げられます。「そんなの当たり前じゃん!」と思う方もいるかもしれませんが意外と落とし穴があったりするんです!

落とし穴とは何か、それは住民からのとある要求によるものです。住民からたまに、「〇〇が欲しいから持ってきてほしい。」と頼まれることがあります。

〇〇とは、虫や魚、家具など様々ですが、それをついつい渡してしまうと、住民が飾ったり、置いてしまったりする可能性があります。内装の景観を損ねてしまいかねないので、こういったお願い事は断る方がいいかもしれません。

信頼関係を築くという点においてはマイナスかもしませんが、内装を変えたいという目的に対してはこの方法がベストかと思います^^

とはいえ、性格のいいあなたならきっと断りにくいはず…。
そんなあなたでも、もう一つの方法であれば住民を不快にすることなく内装を変更できるかもしれません!

たぬきちにお金(ベル)を払うことで内装をコーディネートする

こちらは、たぬきちに9000ベル支払うことで内装をコーディネートする方法になります。
大まかな手順については以下の通りです。

  1.   案内所に向かう。
  2. 「家についての相談」を選択する。
  3. 「島民の家への提案」を選択する。

ざっくりこのような流れで内装をコーディネートすることができます。また、内装だけでなく外観もコーディネートすることができるので、資金に余裕があればこちらの方法が効率的でおすすめです◎

具体的なやり方についてはこちらの動画がわかりやすかったので載せておきます^^

現実で考えると、お金を払って住民の内装を変えてあげるなんて人まずいないですよね(笑)。逆を言えば、こういった非現実的なことも楽しめちゃうのが醍醐味のひとつではないでしょうか!
ちなみに私は自分の家具を揃えることもままならないです^^;(笑)。

あつ森のおしゃれで粋な内装3選をご紹介♪【和風編】

最後に、おしゃれで粋な内装をご紹介します。
今回は私自身、和風好きということもありましたので和風に絞ってご紹介します!
このようにTwitterやInstagramなどでお好きなレイアウトを調べてマネするところから始めてみるといいかもしれませんね^^

まとめ

  • 住民の最初の内装はイベント専用の内装を除き、住民ごとに決まっている。
  • 住民の内装を変更する方法として、手紙や毎日1回だけできるプレゼントで家具を渡す。
  • 住民の内装を変更する方法として、たぬきちにお金(ベル)を払うことで内装をコーディネートする。

最初は自分のお家の内装を理想のものにしていくと思いますが、十分やりつくしたら今度は住民の家の内装も理想の姿に変身させちゃいましょう♪

あなたの充実したあつ森ライフを心から願っております(^^)/

では!